ランチ代は馬鹿にならない

皆さんこんにちは。
最近ふと思ったことがあります。
それは、

「お金が欲しい!!」

シンプルな悩みですが、誰もが思っていることだと思います。
しかし、人間というのは実に面白い生き物です。
仮にこの欲望が満たされて、月々の収入が3万円増えたとします。
私はその3万円を持って焼肉を食べに行き、欲しかった服を買い、映画を観に行きます。

 

アルダクトンAの市販は?市販薬と併用は可能?

 

そしてきっとまた呟くのです。

「お金が欲しい!!」

つまり満たされる人間というのは、お金を増やすことが出来る人間ではなく、
「節約出来る人間」なのではないでしょうか。

そこで、身近な部分から見直してみることにしました。
例えばランチ代。

サラリーマンの楽しみの一つですよね。
唐揚げ定食、ラーメン、牛丼。
頑張って節約しようとしている人も多いのではないでしょうか。

例えば私の場合、平均してランチ代は700円から800円です。
800円×20日(出勤日数)=¥16,000となります。

ここに飲み会の出費なども加算されると、あっという間に先ほどの月々3万円という話と同じ額になってしまいます。

例えばランチをお弁当にするだけで、使えるお金が格段に増えるとしたら、趣味として始めてみるのも面白いですよね。
おにぎりだけ握っていくだけでも、コンビニでお茶と惣菜を買えばお手軽ランチ200円から300円で済んじゃいます。

是非身近なところから節約を始めてみませんか??
今日は何もしませんでした。特に予定もなくただなんとなく、体を動かす気にもなれず1日部屋にいました。したことといえばパソコンで映画を見ました。一応、英語の字幕付きのもので、分からない単語などを書き出したりしました。しかし少しレベルが高かったようで追いつかなくなり、結局すぐに何もせずにぼーっと眺めていました。厳しい両親の元で育った私は、こういった生産的なことを何もしない日というものにかなり不安を感じる人間です。今布団に入り、眠るところなのですが必要以上に落ち込んだ気分になってしまいました。人間こういう日もあるとポジティブに捉えるようになりたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です